ヘッドホンレビュー

【レビュー】Anker Soundcore Life Q30 有線で音質評価。コスパ最高

今回はAnker Soundcore Life Q30をレビューします。
本機はワイヤレスイヤホン界隈でコスパ最高と評判の製品で、昨今様々な製品が出ているワイヤレスイヤホン業界でamazonランキング1位(22’10月現在)に輝く製品です。

ワイヤレスでノイズキャンセリング搭載で8千円台という驚異の価格は、音質次第でコスパ最強のヘッドホンになりうると高コスパヘッドホンが好物の筆者の琴線に触れました。

筆者は普段有線ヘッドホンをメインで使用していますので本機も有線で接続し、ヘッドホンオタク目線で音質をレビューしています

結論としては噂通りのコスパで、高コスパヘッドホンをこよなく愛する筆者的にも音質面や、装着感、ノイズキャンセル等の機能面をトータルで考えるとかなりおすすめできる製品です。

SONYやBOSEの2,3万するワイヤレスヘッドホンと比べると音質面で当然かなわない部分はありますが、コスパ的な意味で良い買い物をできた満足感が半端ではないので、個人的に「買い」の製品です。

特にそこまで音質を追い求めていないけど、コスパに優れた良いヘッドホンが一台欲しいという方に一押しです。


Anker Soundcore Life Q30 製品スペック、外観

メーカ Anker アンカー
タイプ ダイナミック密閉型
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング(3モード切り替え可能)
再生可能時間 最大40時間(ノイズキャンセリングモード使用時)
充電時間 2時間
重量 約260g
参考価格 8900円

開封するとキャリングポーチが入っており、製品はポーチに収まっています。


現在このポーチは卵型ですが、初回版は四角い形で、ゆったりと収納できる豪華仕様のケースだったとのこと。コストカットのためサイレントで現仕様になったとのことで、amazonのレビューが一部低評価だったりします。
個人的には今のケースでも価格を考えれば十分という感じもしています。

製品のレビューに移りますが、価格帯やamazonの製品画像から小ぶりでなヘッドホンをイメージしていましたが、しっかりと大型(BOSEのQC35やSONYのWH-1000XM4と同じサイズ感)のヘッドホンが入っています。

金属ヘッドバンドとマットなブラックカラーの質感は中々で、この価格でここまでの質感は良い意味で期待を裏切られました

重量は260gとヘッドホンとしても軽量な部類で、バッテリーが入っているワイヤレスヘッドホンとしてはなかなか軽いと思います。

二時間充電で40時間使用可能なので、一日の外出も問題なく使用可能です。
ノイズキャンセリングはオン/オフが可能で3種類のモードを切り替え可能です。(詳細は後述)

なお本機は付属の有線接続用ケーブルが付属しており、有線接続すると通常の有線ヘッドホンとしても使えます。※有線接続の場合は充電しなくても使用可能

なおハイレゾ音源を使いたい方への注意としては本機は有線接続のときのみハイレゾ対応になります。(兄弟機のSoundcore Life Q35はワイヤレスでもハイレゾ対応です。)

Anker Soundcore Life Q30 5段階音質レビュー (有線接続)

Audio technica ATH-A500Z 5段階音質レビュー 

音質 :

装着感:

遮音性:※ノイズキャンセリング使用時

音の傾向:低音重視

得意な音楽:ポップ ロック

音場感(音の広がり):普通

本機はワイヤレスヘッドホンですが、公平のために無線ノイズ等の影響を受けない有線接続で音質レビューしました。

音質は、聞いた瞬間に低音の量感を感じさせるサウンドです。低音重視で、非常にキックが効いた音です。高音については極端にシャリ付く感じも無く、ドンシャリというよりはシンプルにに低音の量感が豊かな印象です。

音の傾向はいわゆるウォーム系で、クリアな音というよりは、低音の迫力があり元気よく聞くことを重視した傾向で、中々の聞きごたえを感じさせてくれます。

音が響き、臨場感に優れる反面、解像度という面ではやや音の輪郭がぼやける印象です。

また音場感は普通で、密閉型ヘッドホンなので開放型ヘッドホンほどの音場感はありません。クラシック等を聴きたい場合には音の広がりは今一つです。

上記より向いている音楽はロックやポップス、ヒップホップ等で、持ち前の響く低音で重厚感たっぷりの音楽を楽しめます。

EDM等もやや音の切れが不足する印象ですが、没入感に優れるため相性は悪くないです。

シビアにみると音の繊細さや解像感はほどほどで、クラシック等の生音をじっくり聞くといった用途となると不向きですが、総評としては価格帯を考えると悪くない音質(しかもワイヤレス)で、原音忠実さと楽しく聴ける音作りのバランスが良い製品と感じます。

※音質評価は☆3.5ですが、当サイトはハイエンドヘッドホンを☆5として評価していますので、価格帯としては優秀で、ワイヤレス機であることを考えるとコスパ◎です。

Anker Soundcore Life Q30 装着感について

イヤーカップは室内用の大きなヘッドホンと比べるとワンサイズコンパクトですが、ちょうど耳をすっぽり覆ってくれるサイズです。

側圧はそこそこ強めです。ただハウジングが下の画像のように回転するので、頭へのフィット感が抜群です。

クッションの素材もやわらかさと程よい反発力を持った素材です。感覚としてはゲーミングヘッドホン等に使われる素材と似たようなクッションで、長時間使用しても快適に使用できるよう配慮されています

また筆者は眼鏡をかけていますが、眼鏡との相性も悪くなく、長時間付けていられるので装着感はかなり良い部類です。

ヘッドバンドのクッションにも同じ素材が使われており、頭頂部のクッション性も悪くないです。ただ頭頂部に当たる面積はそこまで広くはないので多少の当たっている感は感じます。

Anker Soundcore Life Q30 ノイズキャンセリングについて

本機はノイズキャンセリングモードの切り替え機能を搭載しており、側面のボタンでワンタッチでモード切り替え可能です。

 

  1. ノイズキャンセリングON
    ※専用アプリとの連携で周囲の環境に応じた3種のNCモードを変更可能
  2. 外音取り込みモード
  3. ノイズキャンセリングオフ

①のノイズキャンセリングについては専用アプリとの連携で周囲の環境に応じた3種のNCモードを変更可能です。

モード1:交通機関モード
モード2:屋内モード
モード3:屋外モード

上記モードを選択可能で、場所に合わせた周波数の騒音をカットしてくれます。

筆者は屋内モードを使用していますが、使用感としてはノイズキャンセリングをオンにすると防音室の中にいるような静寂さを感じます。

イメージとしては目の前の机を叩いたとき、無音とまではいきませんが音はかすかに聞こえ、遠くで鳴っているような感覚で、かなりの遮音性を発揮してくれます。

②の外音取り込みモードは外の音を取り込めるモードで、映画や動画を見ているときに家族から話しかけられた場合や、電車のアナウンスを聞き取る等が可能です。

この機能は切り替えボタンを押す以外にも、下の写真の右側面(赤丸部)にタッチセンサーが埋め込まれており、ヘッドホンをつけたまま側面を一秒触れるだけでも切り替え可能でとっさのタイミングで切り替えられるよう配慮されています。

使用感としては、エアコンの空調の音なども聞こえてくるほど外音を取り込むため、ヘッドホン外さずに十分会話可能です。

➂はノイズキャンセリングをオフにした状態で、普通の密閉型ヘッドホンの使用感です。
通常時でも密閉型ヘッドホンなのでそこそこの遮音性は確保されます。

使用感はノイズキャンセリングONと外音取り込みモードの中間で、目の前の机をたたくとヘッドホン越しに音が聞こえます。そこそこの遮音性が欲しいけど、完全に音を遮断されたくない場合などはこちらを使用できます。

この価格でこれらをワンタッチで切り替えられるユーザビリティが素晴らしいです。

Anker Soundcore Life Q30 良い点、悪い点

  • 良い点
    • 程よい低音で楽しく音楽が聞ける音づくり
    • 低価格ながらノイズキャンセリングの切り替え機能有り、場面にあわせて使い分け可能
    • 装着感が良い。眼鏡をつけていても長時間快適
    • 価格の割に作りが良い。シンプルかつ上質なデザイン
  • 悪い点
    • 音の繊細さや解像度はほどほど。音場感もそれなり

総評としては、ほどよい低音の聞いた元気なチューニング、快適な装着感、便利なノイズキャンセリング機能がそろったワイヤレスヘッドホンをこの値段で買えるのは素晴らしく、コスパは文句なし最高レベルだと思います。

音にこだわる人の目線ではやや解像度は物足りない感はありますが、クラシックを最高のヘッドホンで楽しみたいといった用途でなければ価格的には十分な音質です。

見た目も1万円を切るヘッドホンとは思えないほどの質感も感じさせてくれる製品で、売れるべくして売れているヘッドホンと思います。そこまでお金はかけられないけど、1万円以下で良いワイヤレスヘッドホンが欲しい人にベストマッチの製品です。

筆者は今や様々なヘッドホンを所有していますが、お金のなかった学生時代にこのヘッドホンに出会っていたら神アイテムだっただろうなぁと感じてしまいます。

Anker Soundcore Life Q30 とQ35の違いは?

本機は2021年1月発売ですが、すぐに兄弟機種Soundcore lileQ35が21年7月に発売されています。

価格は11000円程度と2000円程価格がアップしており、細かい所ではイヤーパッドの改善や全体の質感の向上等ありますが、最大の違いはQ30はハイレゾ音源は有線接続のみに対し、Q35はワイヤレスでもハイレゾ音源に対応したことが最大の違いです。

また音質も多少チューンが入っており、Q35はさらに低音が増しています
より低音のダイナミックさが欲しい人はQ35で、バランス型のフラット寄りな音質が好みの方はQ30という棲み分けがおすすめです。

個人的にはQ30でも低音の量感は十分なので、バランス型のQ30が丁度よい感じがしていますが、ロック、EDMが好きな方や、ワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しみたい方はQ35も選択肢に入ると思います!