<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれている場合があります。

ワイヤレスヘッドホン

【レビュー】EDIFIER W820NB Plus 1万円以下ならこれ!音質、機能面も◎

今回はEDIFIER W820NBをレビューします。
EDIFIERというメーカにあまりなじみのない方も多いと思いますが、以前からスピーカー等の音響機器で知られているメーカーで、音質にこだわりを持つ方にも定評があるメーカです。

今回ワイヤレスヘッドホンに参入し、ネットの評判も上々ということで、コスパヘッドホン好きの筆者の琴線に触れレビューしてみました。

結論としては期待の高さに十分応えるイチオシ機種です。1万円以下ワイヤレス機ではANKER SoundcoreQ30やaudio-technica ATH-M20xBTがライバルで、どちらも素晴らしいですが、筆者的には本機を最も推します。

癖がなくクリアな音質といった音質面に加え、豊富なノイキャン機能、専用アプリによるイコライザーと、機能面も◎で、筆者としてはこの価格帯のワイヤレス機のベストと言えます。

なおEDIFIERはどこの国の会社か知らなかったので調べてみましたが、1997年創立の中国メーカのようです。
ただ近年増えている怪しげな中国メーカではなく、以前からオーディオファンに知られるブランドで現在では世界各国に展開しています。

EDIFIER W820NB Plus 製品スペック 外観レビュー

メーカ EDIFIER
タイプ ダイナミック密閉型
重量 220g
ノイズキャンセリング あり(外音取り込み機能あり)
専用アプリ EDIFIER CONNECTアプリ対応
再生時間 29時間(ノイズキャンセリングモード) / 49時間(通常モード)
参考価格 9000円

外観は黒一色にEDIFIERの金色のロゴのみですが、シンプルでミニマリズム的な機能美を感じさせてくれて結構気に入っています。側面には外音を取り込むためと思われる穴が開いています。

重量は220gとなかなか軽量です。全体としてプラスチッキーな印象ですが価格と重量を抑えるのに1役買っているイメージです。

再生時間もノイズキャンセリングモードで29時間と実用的にも十分で、一日使っても電池は十分持ちます。

ノイズキャンセリングは側面のボタンでON/OFF(外音取り込み)を切り替え可能で、とっさの呼び出しに対応可能なのが便利です。

EDIFER 専用アプリ「EDIFIER Connect」

本機は安価ながら専用アプリ「EDIFIER Connect」に対応しており、下記機能を調整できます。

  • イコライザーで音を調整可能(モード)
  • ノイズキャンセリングのON/OFF、アンビエントモード(外音取り込み)の強度調整
  • リラクゼーションサウンド(睡眠用音楽)再生

ノイズキャンセリングは側面ボタンから切り替え可能ですが、イコライザーの調整が細かくできるのはうれしいです。

また個人的に一押しなのが睡眠用音楽再生機能で、夜虫の音や、雨の音などがあり、作業時に使ってみると想像以上に気持ちが安らいで良いです。

リラクゼーション音楽はyoutube等でも聴けますが、アプリを立ち上げてワンタッチで聞けるのが手間いらずで重宝します。(日々奮闘する社畜(筆者)的には評価◎)

EDIFER W820NB Plus 5段階音質レビュー

EDIFIER W820NB 5段階音質レビュー 
音質 :

装着感:

遮音性:

音の傾向:フラット

得意な音楽:万能

音場感(音の広がり、定位感):普通

音質レビューはイコライザー無しの初期設定で実施しています。ペアリングはPC,スマホともに問題なくスムーズに接続できました。

第一印象としては、1万円を切るワイヤレス機ということで過度な期待はありませんでしたが、第一印象としてはハッとさせられるほど良い音でした。

印象としてはかなりクリアで見通しの良い音で、この価格の製品とは思えないほど澄んだ音を出してくれます。

低音がズンズン鳴るウォーム系の音というよりは、クリアで見通しの良い聞こえ方が好きな人に刺さる音です。(筆者もクリアな音が好みなので気に入っています)

全体的にはフラットでバランスが良い音色ですが、厳密には完全なフラットというよりは多少の味付けは感じられ多少のドンシャリ感はあります。

ただ他の音域を邪魔しない程度に程よく出る低音と、小気味よく切れる高音がリスニング用のヘッドホンとして程よい刺激の範囲内です。

解像度も悪くないレベルで、クリアな音も相まって音の輪郭をしっかりと捉えられます。業務用のモニターヘッドホン等と比べると多少の粗はありますが、そのレベルを求めなければ十分なレベルです。

なおモニター用としても使えなくはないことですが完全に原音忠実ではないのでモニターというよりリスニング向けです。モニター用ワイヤレスヘッドホンは超定番のaudio technica ATH-M20xBTがおすすめです。

(参考記事:ATH-M20xBTレビュー記事)
【レビュー】audio-technica ATH-M20xBT 音質特化型ワイヤレス機

音場感については密閉型ヘッドホンゆえそれほど広さは感じませんが、そこそこ立体感を感じさせてくれるレベルではあります。ただ映画試聴用として使うにはそこまで臨場感はないので映画、ゲーム用に特化させる場合は他の選択肢もあると思うのであくまで音楽主体がベストです。

向いている音楽については、かなり万能型でどんな音楽でも良い感じに鳴してくれます。
ロックもポップスもOKで楽しく聞けますし、ジャズ、クラシックもクリアな音で十分良い感じに聞けます。

EDIFIER W820NB Plus 装着感について

装着感は、本体が軽量なこともあり軽いつけ心地です。イヤーパッドもクッション性に優れた素材で耳ざわりも悪くないです。

側圧は圧迫感を感じるほどではありませんがそこそこ強めで、頭が大きい人は多少きついと感じるかもしれません。ただフィット感は良好です。頭頂部もクッションがあり優しい付け心地です。

一点気になる点が、イヤーパッドの内部サイズがやや小ぶりでパッドが耳にあたる感じがあります。

このため夏はやや蒸れるのと、メガネを掛けている筆者としてはメガネのつるがはさまれる感覚があり長時間使用すると耳が痛くなってくるのが非常に惜しいです。

商品説明には「ゼロ圧感特許イヤーパッド」という耳全体に荷重を分散させるイヤーパッドでメガネしていてもOKとありますが、根本的に小型イヤーパッドと眼鏡はあまり相性が良くない感じがするため、そこまで効果は感じられませんでした。

EDIFIER W820NB Plus 良い点、悪い点

●良い点

  • 価格以上の音質。クリアな音作りが好きな人に一押し
  • フラットで癖がなくどんな音楽も聴ける
  • 専用アプリやノイズキャンセリング等機能面も充実

●悪い点

  • イヤーパッドが小ぶりで多少耳に接触する。メガネ+長時間は△

総評は音質面、機能面の充実が1万円を切るとは思えないレベルの製品で、筆者的マストバイです。

唯一の欠点がイヤーパットが小ぶりな点で、メガネにもやさしい大型(丸形)イヤーパッド仕様を待っています。
(大型イヤーパッド仕様があれば1万円以下のワイヤレス機の覇権を取れるレベルの製品と思います)

なおamazonでは「VGP2023金賞受賞」をうたっていますが、VGP2023とはなんだろう?と思い調べたところ、VGPはオーディオビジュアル機器全般を対象に、評論家と全国の有力販売店によるプロの厳正なる審査により絶対買いのプロダクトを選出する賞とのこと。個人的には金賞受賞も納得の製品です。